0

システムエンジニア軽視の現状への対策

システムエンジニアとして働いている者にとってのあるあるとしてよく挙げられるのが、上司やクライアントに人間扱いされないこともあるという事実です。
例えばそれは、「嫌ならやめろ、代わりはいくらでもいる」などという上司からの心ないひと言だったり、人的疲労を無視したクライアントからの無茶な要求だったりします。
いずれによせ、システムエンジニアを代わりのきく便利な道具としか思っていないとしか思えない行動です。

しかし、エンジニアの持つスキルは一朝一夕に身につけられるものではありません。
その能力は日本のIT産業を担う財産であり、軽々しく使い捨てにすべきものではないはずです。現在、システムエンジニアの職についている者はそれを反面教師とし、管理職の役職についた時には同じ轍を踏まないように気を付けなければなりません。

しかし、現状に耐えきれないというのであれば、独立してフリーエンジニアの道を選ぶという手段もあります。
そのためには、何よりもスキルを今以上に磨いておくことが必要不可欠です。
それに、たとえ会社をやめなくてもスキルを磨くことはそれだけで大きな武器になります。それによっていつ会社をやめても食べていけるという自信がつけば、精神的な余裕も生まれてモノ扱いする上司やクライアントも一歩引いた目で見られるはずです。
技術屋としての道を選んだからには、その技術をとことん追求し、それらを軽視してきた人たちを見返してやりたいものです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です